岡部株式会社

株主の皆様へ

代表取締役 社長執行役員 河瀬 博英

株主の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

1 当第2四半期の業績について

当第2四半期連結累計期間(2021年1月1日~2021年6月30日)におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、経済活動が抑制され、依然として厳しい状況で推移しました。当社グループの主な需要先である建設業界におきましても、一部の大型案件を除く民間建設投資において見直しや延期が続くなど、厳しい環境となりました。

このような経営環境により、災害復旧工事案件や鉄骨造物件の着工件数が大幅に減少したことなどから、国内建設関連製品事業が伸び悩みました。

その一方で、米国においては新型コロナウイルス感染症による需要減少からの反動により、建設資材及び自動車向けのバッテリー端子製品の販売が堅調に推移しました。

以上の結果、売上高は308億7千万円(前年同期比0.9%減)、営業利益は20億4千1百万円(前年同期比5.5%増)、経常利益は21億5千万円(前年同期比5.5%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は11億1百万円(前年同期比17.6%増)となりました。

2 中期経営計画「NEXT100 – PHASE2.1」について

当社グループは、2021年7月~2024年12月期を対象期間とする中期経営計画「NEXT100 - PHASE2.1」を策定いたしました。「NEXT100 - PHASE2.1」は、前・中期経営計画の「社会とともに持続的な成長を図る」という方向性を継続しながら、脱炭素を含むSDGs経営、DX活用等を重点課題として取り組む計画としており、その3つの柱と主な施策は次のとおりです。

【1】SDGs経営

①当社製品及び工法を通じて「建設現場の脱炭素・ゼロエミッション」に取り組む

②CO2を吸収する魚礁・藻場礁の普及により「地球のカーボンニュートラル」に貢献

③SDGs関連の中期KPI目標の設定及びコミット

【2】DX活用

①顧客サービスの向上

②業務効率化及び多様な人材が多様な働き方で活躍できる職場環境の整備

③次に起きうる危機に迅速に対応できる事業体制の整備

【3】グローバル展開加速

①米国及びASEANにおける建設関連製品事業のグローバル展開加速

3 配当について

当社は、株主の皆様への利益還元を充実させるため、配当性向30%以上を目安とした安定的な配当を継続することを基本とし、連結業績ならびに企業体質の強化及び将来の事業展開に備えるための内部留保の充実などを総合的に勘案し、剰余金の配当を決定しております。

2021年12月期の配当予想につきましては、2021年12月期通期連結業績予想を考慮し、当期の中間配当を1株当たり10円(前期7円)とさせていただきたいと存じます。また、当期の年間配当予想は1株当たり20円(前期17円)としております。

株主の皆様におかれましては、今後とも、より一層のご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2021年9月

投資家情報