岡部株式会社

グループ営業概況

当連結会計年度の概況

 当第2四半期連結累計期間(2018年1月1日~2018年6月30日)におけるわが国経済は、企業収益の改善や設備投資の増加がみられるなど、緩やかな回復基調で推移したものの、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動等の影響が懸念される状況となりました。

 当社グループの主な需要先であります建設業界におきましては、首都圏においては建設工事が順調に進捗したものの、当第2四半期連結累計期間の着工床面積が前年同期を下回って推移するなど、全国的には工事量が伸びない厳しい環境となりました。

 このような経営環境のなか、当社グループは、中期3ヵ年経営計画「NEXT100~Exciting Future~」の主な施策である総合実験センターの新設や米国における物流拠点の拡充など、「次の100年(NEXT100)」の飛躍につながる基礎を構築するための取組みを着実に実行いたしました。

 これらの事業環境や取組みの結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は308億3百万円(前年同期比6.7%増)、営業利益は23億9千万円(前年同期比14.0%増)、経常利益は25億9千8百万円(前年同期比22.9%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は19億9千8百万円(前年同期比56.3%増)となりました。

〔建設関連製品事業〕

 国内においては、大型物流倉庫等の鉄骨造の建築工事が順調に進捗した結果、主にベースパック等の構造機材製品の販売が堅調に推移しました。また、米国においては、連結子会社のOCM, Inc.が建設資材販売のシェアを伸ばした結果、売上高は252億8千万円(前年同期比5.7%増)となりました。利益面においては、鋼材価格の上昇等のコストアップに対応する施策に取り組んだ結果、営業利益は21億3百万円(前年同期比22.2%増)となりました。

詳細はこちら 建設関連製品事業

〔自動車関連製品事業〕

 バッテリー端子製品は、欧州における販売が堅調に推移しました。また、米国におけるトラック・トレイラー向けボルトナット類の販売が前年同期の実績を大きく上回ったことなどにより、売上高は51億2千1百万円(前年同期比12.0%増)となりましたが、バッテリー端子製品の原材料価格の上昇や機械設備の老朽化に伴う費用の増加などにより、営業利益は3億5千3百万円(前年同期比21.4%減)となりました。

詳細はこちら 自動車関連製品事業

〔その他の事業〕

 浮き魚礁製品の販売が堅調に推移したことなどにより、売上高は4億2百万円(前年同期比11.4%増)となり、営業損益は6千7百万円の損失(前年同期は7千5百万円の営業損失)となりました。

詳細はこちら その他の事業

(参考)連結事業別・製品別売上高

(単位:百万円未満切捨表示)

前第2四半期連結累計期間
自 2017年1月1日
至 2017年6月30日
当第2四半期連結累計期間
自 2018年1月1日
至 2018年6月30日
増減率
金額 構成比 金額 構成比
建設関連
製品事業
百万円 % 百万円 % %
仮設・型枠製品 3,471 12.0 3,537 11.5 1.9
土木製品 2,813 9.8 2,684 8.7 △4.6
構造機材製品 9,339 32.4 10,051 32.6 7.6
建材商品(国内) 6,012 20.8 6,408 20.8 6.6
国内計 21,636 75.0 22,682 73.6 4.8
建材商品(海外) 2,289 7.9 2,598 8.5 13.5
海外計 2,289 7.9 2,598 8.5 13.5
当事業計 23,925 82.9 25,280 82.1 5.7
自動車関連製品事業 4,570 15.8 5,121 16.6 12.0
その他の事業(注) 360 1.3 402 1.3 11.4
合 計 28,857 100.0 30,803 100.0 6.7
(注)
  • その他の事業は、当社のコア事業である建設関連製品事業および自動車関連製品事業に属さない多角化事業であり、海洋資材製品の製造販売および米国における釣り用錘製品の製造販売等の各業務を行っております。

連結売上高の製品・事業別構成比

連結売上高の製品・事業別構成比

投資家情報