岡部株式会社

土木事業部

製品・工法案内

AS345-Pボルト

AS345ボルトは、補強材の地表に近い部分(概ね地表から50cm程度)の腐食しやすい環境下に用いることで、高い防錆効果が期待できるロックボルトです(防錆油不要)。

カタログダウンロード

特長

  • 1.耐薬品性
    グラウトの強アルカリに対し優れた抵抗性
  • 2.付着性
    グラウトおよび鉄筋との優れた付着性能
  • 3.耐候性
    雨風・紫外線に対し優れた抵抗性
  • 4.美観・景観
    色合いによる優れた美観・景観

仕様・規格

AS345-Pボルト
  • 仕様・規格
    品名 サイズ

    種類の記号

    一次防錆処理 二次防錆処理
    D19NT-P D19×1,000mm SD345 溶融亜鉛めっき
    HDZ55(全長)
    PVB樹脂:ポリビニルブチラール
    (端部より600mm加工)
    D22NT-P D22×1,000mm
    D25NT-P D25×1,000mm
  • 形状・寸法
キャップ付ナット
  • 仕様・規格
    品名 サイズ 種類の記号 一次防錆処理 二次防錆処理
    キャップ付ナット
    D19N-P
    D19×120mm FCAD900-8 溶融亜鉛めっき
    HDZ35
    PVB樹脂:
    ポリビニルブチラール
    キャップ付ナット
    D22NT-P
    D22×120mm
    キャップ付ナット
    D25N-P
    D25×120mm
  • 形状・寸法
    品番 寸法【mm】
    L B φD
    D19N-P 120 41 41
    D22NT-P 120 41 41
    D25N-P 120 48 48
  • 付属部品
    品番 寸法【mm】
    A B φd φD t
    角座金-P 150 150 45 - 9
    テーパーワッシャー - - 38 50 0.5
    品番 寸法【mm】
    L d
    D19N 90 φ32
    D22NT 110 φ34
    D25N 110 φ38

    【寸法mm】

製品標準仕様(組み合せ例)

●ロックボルト頭部側1m部分にAS345-Pボルトをカップラーでジョイントして使用する。ジョイントする場合、頭部余長側をPVB樹脂とする。

●ロックボルトの地表部周辺は非常に腐食しやすい環境下にあることから、二重防錆した『AS345-P』を使用することで高い防錆効果が期待できる。状況に応じ防錆材「ベルコート」を省くことも可能である(ベルキャップ併用時も同様)。

特長

耐薬品性
  • 試験1:塗膜耐薬品性試験
    グラウトに使用するセメントミルクは強アルカリ性のためエポキシ樹脂塗装鉄筋を用いる鉄筋コンクリートの設計施工指針「塗膜耐薬品性試験JSCE-E528-2003」土木学会に準じ実施。
    項目 仕様
    試験体材質 SS400
    および寸法 75×150×3.2mm
    試験体塗装 PVB樹脂・ 飽和ポリエステル樹脂・ エポキシ樹脂
    試験液 水酸化ナトリウム水溶液
    3モル濃度(pH=14.5)
    試験時間 1000時間

    水酸化ナトリウム水溶液3モル濃度に1000時間浸漬させた後、碁盤目試験を行った結果、PVB樹脂・エポキシ樹脂は、剥がれなかった。飽和ポリエステル樹脂は、水酸化ナトリウム水溶液3モル濃度に浸漬させているときに溶解し、鉄素地のみとなってしまったため、碁盤目試験ができなかった。

  • 試験2:プルオフ試験
    試験片にPVB樹脂、飽和ポリエステル樹脂、エポキシ樹脂を塗装し、pHを調整した水酸化ナトリウム水溶液に1000時間浸漬させた後、塗膜の機械的性質-付着性(プルオフ法)「JIS K5600-5-7」を実施。
  • 項目 PVB樹脂 飽和ポリエステル樹脂 エポキシ樹脂
    気中 液中 気中 液中 気中 液中
    pH12 12 12 9 7 11 10
    pH13 12 11 10 6 11 11

    【単位:N/㎟】

    強アルカリ環境下において、3樹脂を比べるとPVB樹脂・エポキシ樹脂が、飽和ポリエステル樹脂よりも金属との接着性が良い。

付着性
  • 試験3:付着試験1


    アムスラ型試験機による付着試験

  • グラウトW/C50に試験体(φ19)を所定長埋設し、引抜試験を実施。
    試験体種別 荷重Pmax(kN)

    無塗装鉄筋

    19.5
    PVB樹脂 27.8
    飽和ポリエステル樹脂 18.5
    エポキシ樹脂 19.4

    水酸化ナトリウム水溶液3モル濃度に1000時間浸漬させた後、碁盤目試験を行った結果、PVB樹脂・エポキシ樹脂は、剥がれなかった。飽和ポリエステル樹脂は、水酸化ナトリウム水溶液3モル濃度に浸漬させているときに溶解し、鉄素地のみとなってしまったため、碁盤目試験ができなかった。

  • 試験4:付着試験2
    グラウトW/C50に試験体(D19)を所定長埋設し、グラウトを割裂させ付着状況を確認。

    PVB樹脂はグラウトとの密着性が非常に高いためグラウトが剥がれず、他の表面処理は逆にグラウトから容易に剥離。

PVBの使用例

●車のフロントガラスや建築構造物のガラスおよび太陽光パネルの封止等に使用されている。

  • 自動車のフロントガラス

    (ガラス間にフィルム化したPVBを使用し接着)
    写真提供:株式会社クラレ
  • ベルリン議事堂のガラスドーム

    写真提供:株式会社クラレ