お客様サポート | 岡部株式会社

岡部株式会社

ブレスターZ600
  • QブレスターZ600の特⾧は?

    大地震で建物が大きく変形すると筋かい金物が外れたり、木材が損傷して建物の耐力が低下します。建物の耐力が低下すると次に起こりうる大きな揺れに持ち堪えることが出来ない可能性があります。ブレスターZ600は、製品本体に設けたスリットが変形することで、金物を止めているビスの抜けや木材の損傷を抑制し、繰り返される大地震にねばり強く耐えることが出来ます。

    クリック
  • Q公的機関の評価は?

    ハウスプラス確認検査株式会社の評定取得しています。

    クリック
  • QブレスターZ600は、どこで買えますか?

    岡部株式会社の各地域の支店または、営業部へお問い合わせください。

    クリック
  • Q取付けに関する注意点は?(ホールダウンの干渉)

    ブレスターZ600を内使いにして、ホールダウンを避けていただくか、または、ホールダウン用アンカーボルトを⾧くし、ホールダウン金物を土台から270mm以上離したところに取り付けてください。
    「ブレスターZ600 標準図 3-3-(2)項 ホールダウン」をご参照ください。

    クリック
  • Q取付けに関する注意点は?(土台アンカーボルトの干渉)

    土台用アンカーボルトの設置位置を柱芯から150mm以内にしてください。但し、アンカーボルト、座金が土台から突出する場合は、柱芯より135mm以内としてください。
    「取付施工に関するお願い 3ページ.1項 土台アンカーボルトの埋設位置について」をご参照ください。

    クリック
  • Q取付けに関する注意点は?(梁の座堀り(箱抜き)などの干渉)

    梁の座堀り(箱抜き)の位置は、柱芯より240mm以上離してください。
    「取付施工に関するお願い 4ページ.2項 座堀り等の納まりについて」をご参照ください。

    クリック
  • Q取付けに関する注意点は?(土台・梁の継手)

    やむを得ず筋かいを取り付ける箇所に継手を設ける場合は、柱芯より240mm以上離してください。
    「取付施工に関するお願い 5ページ.3項 土台・梁の継手位置について」をご参照ください。

    クリック
  • Q取付けに関する注意点は?(外周部の床合板の干渉)

    床合板と同じ厚みの添え板をあてて、ブレスターZ600 床合板仕様を取付けていただくか、または、ブレスターZ600 標準仕様を内使いにて、直接横架材(土台または梁)に取り付けてください。
    「取付施工に関するお願い 8ページ.6項 床合板端部の納まり」をご参照ください。

    クリック
  • Q取付けに関する注意点は?(筋かい幅105mm以上、内使いの干渉)

    筋かい幅105mm以上で、ブレスターZ600を内使いにするとき、柱面の金物を取り付けるブレートと筋かいが干渉する場合があります。筋かいの芯を30mmずらして、加工してください。
    「取付施工に関するお願い 9ページ.7項 45×105mmの筋かいを使用する場合」をご参照ください。

    クリック
  • Q取付けに関する注意点は?(ビス留め付けについて)

    ブレスターZ600本体には、ビス孔として「〇」孔と「◇」孔があります。基本的には「〇」孔にビスを留め付てください。「〇」孔に留め付けられない場合は、「◇」孔を使って留め付けてください。
    「取付施工に関するお願い 2ページ ブレスターZ600 製品構成と部材寸法」をご参照ください。

    クリック
  • QブレスターZ600 カラー仕様はありますか?

    「ブレスターZ600 Black ver(ブラックバージョン)」は、受注生産にてあります。また、その他の色については、各営業担当者までお問合せください。

    クリック
  • Q製品梱包は?

    1箱あたり
    ブレスターZ600本体 右用(または左用) 10枚
    各種専用ビスの必要本数が梱包されています。
    「ブレスターZ600 ホームページ 構成部品」をご参照ください。

    クリック
  • Qビスだけで注文できますか?

    1専用ビスは、袋単位で出荷できます。
    OK-30 (30mm)・・ 62本入/袋
    OK-45 (45mm)・・ 62本入/袋
    OK-45 (45mm)・・103本入/袋
    OK-75 (75mm)・・ 42本入/袋
    OK-120(120mm)・・ 41本入/袋

ブレスターX
ピタットベース
  • Qピタットベースの特⾧は?

    ピタットベースは、柱に作用する軸力を直接基礎部に伝達する高性能、高耐力な柱脚金物です。また、アンカーボルトの水平施工誤差を±15mm吸収することができ、ホールダウン金物よりも柱脚接合部周辺の干渉が少ないため、断熱材がスッキリと納まります。
    ピタットベースホームページ「特⾧」ご参照ください。

    クリック
  • Q公的機関の評価は?

    ハウスプラス確認検査にて評価を取得しています。

    クリック
  • Qピタットベースはどこで買えますか?

    岡部株式会社の各地域の支店または、営業部へお問い合わせください。

    クリック
  • Qピタットベースの性能で使用環境とは?

    ピタットベースを使用する場所の湿潤状況を示します。
    (※ハウスプラス確認検査株式会社 評価取得による)
    使用環境Ⅰ:常時湿潤状態におかれる環境
    使用環境Ⅱ:断続的に湿潤状況におかれる環境
    使用環境Ⅲ:通常の使用環境(使用環境ⅠまたはⅡ以外の環境)
    ピタットベースホームページ「性能」をご参照ください。

    クリック
  • Qピタットベースを使用する場合の基礎幅は?

    ピタットベースを使用する場合、基礎幅を180mm以上としてください。
    オプション品アンカーボルトが、M20-D22のため、基礎幅150mmの場合、コンクリート躯体のかぶりが取れなくなる可能性があります。
    ピタットベース「標準図 項目5.基礎」をご参照ください。

    クリック
  • Qピタットベースを使用する場合の柱の加工は?

    ピタットベースを取り付ける柱は、プレート、ドリフトピンが納まるよう加工してください。
    ピタットベースホームページより「木材加工図」をご参照ください。

    クリック
  • Qピタットベース用アンカーボルトセットとは?

    ピタットベース専用のアンカーボルト(M20-D22-L470)です。
    ピタットベース用アンカーボルトセットはオプション品となりますので、ご必要の場合は、別途発注のご指示をお願いいたします。
    ピタットベースホームページより「構成部品」をご参照ください。

    クリック
  • Qピタットベース用アンカーボルト吊下げボルトとは?

    ピタットベース専用のアンカーボルトを吊下げる連結ボルト(M16-M20-L230)です。
    ピタットベース用アンカーボルト吊下げボルトセットはオプション品となりますので、ご必要の場合は、別途発注のご指示をお願いいたします。
    ピタットベースホームページより「構成部品」をご参照ください。

    クリック
  • Qピタットベースで使用できる柱サイズは?

    ピタットベース製品仕様には2種類の物があります。
    ・ピタットベース105(柱寸法105×105mm以上)
    ・ピタットベース120(柱寸法120×120mm以上)
    製品本体はどちらの仕様も同じものですが、ドリフトピンのサイズが変わります。
    柱のサイズに応じご使用ください。
    ピタットベースホームページより「構成部品」をご参照ください。

    クリック
  • Q太い柱や扁平柱の使用に関して

    製品仕様で製品名に記してある数字が、対応する柱寸法を示しています。
    ・ピタットベース105(柱寸法105×105mm以上)
    ・ピタットベース120(柱寸法120×120mm以上)
    太径柱や扁平柱などでご使用いただく場合は、許容耐力を満足するよう、納まりなどをご検討いただきご使用ください。

  • Q取付けに関する注意点は?(アンカーボルトの設置 サイズ)

    ピタットベースは、M20のアンカーボルトのみ対応が可能です。M12やM16では設置ができませんのでご注意ください。
    ピタットベース ホームページ 「取付方法」をご参照ください。

    クリック
  • Q取付けに関する注意点は?(アンカーボルトの設置 高さ)

    ピタットベースは、ダブルナットの取付けとなるため、アンカーボルトをコンクリート天端より60mm出してください。
    ピタットベース ホームページ「取付方法」をご参照ください。

    クリック
  • Q取付けに関する注意点は?(ピタットベースの設置時コンクリート天端)

    ピタットベースは、基礎部のコンクリートの天端に設置いたします。
    コンクリート天端の凹凸などがある場合、設置できなくなりますので、セルフレベリングなどでコンクリート天端を水平にならしてください。
    ピタットベース ホームページ 「取付方法」をご参照ください。

    クリック
ピタットベース Frontier
  • 8働きがいも経済成長も
  • 9産業と技術革新の基礎を作ろう
  • 11住み続けられるまちづくりを
  • 12つくる責任つかう責任
  • 14海の豊かさを守ろう
  • 14海の豊かさを守ろう