適用範囲

杭と基礎コンクリートの適用範囲

項目 適用範囲
杭の種類 外殻鋼管付きコンクリート杭(SC杭)
杭径 400mm以上 1200mm以下
杭鋼管 鋼種 SKK400, STK400, STKN400B
SKK490, STK490, STKN490B
基礎コンクリート強度 21N/mm²以上 45N/mm²以下

仕様と適用範囲

杭頭アンカーと杭頭金物の組合せ毎に杭頭アンカーの定着長と杭頭鋼管外周部への部分溶込み溶接長が定められており、対応する杭鋼管の鋼種と板厚の適用範囲が決まります。

仕様
呼び名
最低定着長
L1
(mm)
溶接長
L2
(mm)
杭のみ込み高さ
h1
(mm)
かぶり厚さ
h2
(mm)
杭鋼管 適用範囲
板厚(mm)
SKK400等 SKK490等
D32-M 614 180 250以上
(240)
70以上
(60)
9以上 6以上
D38-M 728 適用外 9以上
D38-L 210 280以上
(270)
D38H-L 915 12以上

※( )内の数値は最小かぶり厚さによる

杭頭アンカー設置可能本数の上限

クラウンパイルアンカー各仕様の杭頭アンカー設置可能本数の上限は施工性と杭頭金物と杭鋼管接合部の応力伝達を考慮し、杭鋼管の鋼種と板厚に応じて定められています。

●杭鋼管鋼種 400N/mm²級 用

杭径
(mm)
鋼管厚/仕様
9mm 12mm以上
D32-M D32-M
400 7 8
450 8 9
500 8 9
600 9 10
700 10 12
800 11 13
900 11 14
1000 12 15
1100 13 17
1200 13 18

●杭鋼管鋼種 490N/mm²級用

杭径
(mm)
鋼管厚/仕様
6mm 9mm 12mm以上
D32-M D32-M D38-M D38-L D32-M D38-M D38-L D38H-L
400 7 8 7 8 8 8 8 8
450 8 9 8 8 9 8 8 8
500 8 9 8 9 9 9 9 9
600 9 10 9 10 10 10 10 10
700 10 12 10 11 12 11 11 11
800 11 13 11 12 13 12 12 12
900 11 14 12 13 14 14 14 14
1000 12 15 13 14 15 15 15 15
1100 13 17 13 15 17 16 16 16
1200 13 18 14 16 18 17 17 17

杭頭アンカー設置本数の下限は全仕様 4本 とします。

構造規定

杭の中心間隔
(設計値)
埋込み杭:2.0Dp以上
打込み杭:2.5Dp以上
ただし、杭頭金物の溶接施工性に
支障がないことを確認する
へりあき: h(’ mm)
(設計値)
原則0.75・Dp以上
ただし、Dp≧600の場合は
0.5・Dp以上とすることができる
中詰めコンクリート深さ : H(mm) 中詰めコンクリートの強度と深さは
設計者の指示による
ただし、h1以上は確保する
割裂防止筋※ D13@300程度の割裂防止筋を配筋し、
無筋部を少なくすることが望ましい

『杭頭埋込み部の側面支圧曲げ耐力』に期待する設計とした場合は、割裂防止筋に代替する設計者指示の補強鉄筋を配筋する。