特長

工法の特長

●基礎根伐り深さを浅くでき経済的です

クラウンパイルアンカーは杭頭アンカーの端部に定着板を設けているため、優れた定着性能を有しています。これにより、異形鉄筋を杭鋼管に直接フレア溶接する方法(在来工法)に比べ、定着長が短くなり、基礎根伐り深さを浅くできます。よって、掘削・山留め・残土処理等の費用軽減が期待できます。

●基礎部の過密配筋が解消されます

杭頭アンカーは杭頭金物を介して杭頭部に接合するため、杭径に対して200mmの拡径配置となります。そのため、異形鉄筋を杭鋼管に直接フレア溶接する方法(在来工法)に比べ、曲げ耐力が増加し、杭頭アンカーの必要本数が減少します。よって、基礎コンクリートの過密配筋が解消されます。

在来工法に対する曲げ耐力の増加または杭頭アンカーの本数減少割合は設計外力や条件により変化します。

●溶接品質が確保できます

Vプレートの鋼種は溶接性能に優れたSN490Bであり、溶接部には開先加工が施されています。そのため、開先加工の無い異形鉄筋を杭鋼管に直接フレア溶接する方法(在来工法)に比べ、溶接品質が安定した杭頭接合部を提供することができます。

一般財団法人 日本建築センター 一般評定を取得

実大実験やFEM解析などにより、優れた曲げ耐力を有することが証明されています。