ビーアップブレース工法

ビーアップブレース工法とは

高いせん断耐力を有するベースパックと、エネルギー吸収性能に優れた座屈拘束ブレースとの組み合わせで、より優れた耐震性能を発揮します。

B-UP ブレース工法
ページトップ

ビーアップブレース工法の特長

ブレースの本数・断面の削減を実現! 耐震改修にも大きなメリットを生みます。

B-UP ブレースは座屈しないため、1本のブレースで引張耐力と圧縮耐力が負担できます。
そのため、従来の鋼製ブレースと比較して本数や断面を減らすことができ、構造計画の自由度が高まり意匠性も向上します。

従来ブレースとB-UPブレース
ページトップ

エネルギー吸収型の耐震ブレース

B-UP ブレースは中心の鋼材を鋼管とコンクリート(モルタル)で拘束し、座屈することなく安定的に塑性化するブレース材です。中心鋼材とコンクリートの間には特殊な緩衝材を用いているため、鋼管とコンクリートには軸力が加わりません。これにより、引張・圧縮ともに同性状の安定した履歴特性をもつ、靱性に富み耐震性に優れたブレースとなっています。

B-UPブレースの履歴特性 B-UPブレースと従来ブレースの特性比較
ページトップ

設計の省力化に貢献します

設計の省力化
ページトップ

構造部材として日本建築センターの一般評定を取得しています

BA ランク材として(一財)日本建築センターの一般評定を取得しています。
B-UP ブレースは新日鉄住金エンジニアリング株式会社のアンボンドブレース®を本仕様に標準化した製品です。

一般評定書
ページトップ

一貫構造計算ソフトに対応しております

B-UP ブレースは下記の一貫構造計算ソフトに対応しております。
一貫構造計算ソフト内にてB-UP ブレースを選択することにより簡単に御検討頂けます。
・2014.05 株式会社構造ソフト「BUILD.一貫IV+」
・2014.06 株式会社構造システム「BUS-5」
・2014.09 ユニオンシステム株式会社「Super Build/SS3」

ページトップ