施工

鉄骨製作業者に属する鉄骨製作管理技術者による施工管理のもと、溶接施工を行ってください。
OSリングを溶接施工する際は、納品時に付属している「OSリング溶接施工マニュアル」を必ず確認して下さい。
 

OSリングおよび梁ウェブ溶接面は溶接に先立ち、水分・スラグ・ごみ・さび・油・塗料・はがれやすいスケール、
およびその他溶接に支障となるものはあらかじめ適切な方法で除去して下さい。


◆施工手順
(1)梁ウェブのけがき・孔あけ

所定の位置に梁ウェブ貫通孔径dwをけがく。
梁ウェブに円形貫通孔をあける。


注意!

貫通孔径dwの最大許容差は±2mmとする。
貫通孔まわりの切断バリはグラインダー等で除去する。

施工手順1

 

(2)OSリング位置決め・組立溶接

OSリングと貫通孔の中心が合うように位置決めをする。
OSリングと貫通孔の中心のずれの管理値は「OSリング溶接施工マニュアル」による。


OSリングの厚肉面(最外径側となる面)を梁ウェブ面に密着させる(刻印側が上面)。
  

刻印例(OSリング上面のセンターラインは目安としてお使いください。刻印の内容は予告なく変更する事があります。)

OSリング取付面をシャコ万力等によりウェブ面に十分密着させる。


OSリング外周に組立溶接を行う。
組立溶接は等間隔に3〜4箇所、1箇所の長さは40mm以上、
1パスとし、 ショートビードにならないように注意する。

施工手順2

 

(3)本溶接

シャコ万力等を取り外し、本溶接を行う。

 

注意! OSリングの溶接部とH形鋼のフィレット部またはビルドH鋼の溶接部が重ならないように十分注意する。
注意! 溶接はOSリング外周の全周隅肉溶接とし、溶接姿勢は水平隅肉溶接とする。必ず鉄骨ウェブ面を上面に向け、溶接条件(溶接姿勢・環境etc)を確保する。
注意! 溶接材料は被覆アーク溶接の場合はJIS Z 3211の規格を、ガスシールドアーク溶接の場合はJIS Z 3312、JIS Z 3313の規格を満たし、かつ490N/mm2 級高張力鋼に適用可能なものを使用する。

 

施工手順3

 

(4)外観・表面検査

注意!

本溶接の隅肉溶接サイズは、各OSリングそれぞれに定められた必要隅肉溶接サイズS以上でなければならない。

 

また、OSリングと梁ウェブのすき間は2mm以下とする。

 

OSリングとウェブ貫通孔の中心ずれの管理値は「OSリング溶接施工マニュアル」による。

 

その他、外観・表面欠陥検査の合否判定は、「日本建築学会:鉄骨精度検査基準」による。不合格となった欠陥箇所は適切な処置を行う。

施工手順4
ページトップ

スーパーハリーZの施工方法