岡部株式会社

ブレスターZ 600

  • TOP
  • 特長
  • 構成部品
  • 性能確認試験
  • 取付け方法
  • ダウンロード
  • お問い合わせ

性能確認試験

面内せん断試験〔自社調べ〕

ブレスターZ600を用いた耐力壁と従来の金物を用いた耐力壁に水平力を加え、荷重と変形角※の関係を調べる面内せん断試験を実施しました。
下の写真では同じ変形角での両者の様子を比較・検証しています。検証は左の写真のような試験装置を用い、左右に交互に力を加えて荷重・変形角を計測します。

※試験体高さに対する水平変位の割合を用い、単位はrad.(ラジアン)。


面内せん断試験の様子

面内せん断試験による性能比較

従来の金物は1/30rad.ですでに筋かいに割れが生じており、1/15rad.では大きく裂け、ビスの抜けも見られます。ブレスターZ600は金物が変形することにより、1/15rad.に至っても筋かいに割れはありません。





振動台試験〔自社調べ〕

ブレスターZ600を用いた耐力壁と従来の金物を用いた耐力壁に、兵庫県南部地震で観測された震度6強の地震波(JMA KOBE※)を与えて、そのねばり強さを比較・検証しました。検証には左の写真のような振動台を用いています。

※1995年兵庫県南部地震における気象庁神戸海洋気象台での観測波形


振動台試験の様子

振動台試験による性能比較

従来の金物は1回の加振で筋かいが大きく破損しています。一方、ブレスターZ600は6回にわたる加振後も、金物が変形することにより木材の損傷を防止しました。

評定取得

ハウスプラス確認検査株式会社の評定取得

〔HP評定(木)-16-001〕





面内せん断試験による性能比較〈自社調べ〉1/15rad.以上の変形性能確認

従来の金物に比べ、ブレスターZ600は高い剛性と靱性があることを確認しております。 
※損傷限界(1/120)/ほとんど損傷がなく、補修も必要ない。 ※安全限界(1/30)/これを越えると、倒壊の危険性がある。