社員紹介 -生産技術-

久喜工場 技術部/2006年入社/工学部機械工学科卒/サッカー好きが高じて、会社でフットサルチームを結成。キャプテンとしてチームをまとめ、大会での優勝を目指している。現在、新メンバー募集中!

夢の中でも図面を描き続ける

入社して最初に配属されたのが久喜工場の技術部技術課。故障時の対応を迅速化する予防保全のために消耗した工具の図面化を担当することで、図面の作成について学びました。その後品質管理を担当し、現在再び技術課にて図面の作成や新規・改良品の試作品の立ち上げ、レーザー加工機を担当しています。図面の作業は一人前になるのに10年はかかると言われるほど奥の深い仕事です。壁にぶつかって、一人悩み続けることもよくあります。寝ながら夢に見ることもしょっちゅうで、夢の中で解決策を見つけたときのために、枕元にはノートとペンを常備しています。妻によれば、時々、寝言で図面についてしゃべっていることもあるとか。それほど根を詰めて取り組んでいます。

  • 電話している写真
  • パソコンで資料を作っている写真

製品改良で売上が2倍に

一方、新製品の立ち上げについては、開発部門から提案された製品案について形状や素材、コストなどをチェック。立ち上げが可能と判断したら試作品を作製して、検討を重ねていきます。ある製品の改良を担当したときのことですが、一部の工程がどうしてもうまくいかず、試行錯誤を繰り返したことがありました。追い詰められて袋小路に入ってしまったとき、外部で受けた講習をヒントにふとしたアイデアがひらめいて、問題を解決することができたのです。こうして試作品づくりにこぎ着け、製品は無事に市場に送り出すことができました。先輩に「既製品に比べて売上高が2倍になったぞ」と聞いたときには、本当に嬉しかったです。苦しい思い出が喜びに変わった瞬間でした。

  • 立ち話している写真
  • お客様に電話している写真

目標は、会社の顔となる図面

学生時代は機械工学を専攻し、図面についても学びました。しかし、仕事で求められる図面は比べものにならないほどレベルが高く、困難です。経験を積む中で、ようやく目指すべき方向性が見えてきたかな、といった段階ですね。当社にはベテランの技術者が多く、我々若手がその技術を継承しなくてはなりません。その意味でも自分をもっと成長させなくては、と思っています。岡部への入社については、面接で役員に言われた「会社に残るような図面を生み出してみないか」という一言が決め手でした。あの言葉は今も私の中に深く刻まれています。だから将来の目標は「会社の顔となる図面を残すこと」。“図面のことなら細矢に聞け”と言われるような存在になりたいと思います。

インタビュー写真

PAGE TOP