社員紹介 -営業(建設資材)-

東京支店 東京営業部/2006年入社/工学部建築学科卒/無趣味を自認。休日は、友人と飲みに行くことが多いとか。東京出身のジャイアンツ・ファン。幼稚園から高校時代まで水泳に打ち込んだというスポーツマンの一面も。

社会の安心・安全を支える製品の供給

学生時代は建築学科で学んでいたので、建築関係の会社を志望していました。当初イメージしていたのは、ゼネコンの現場監督です。そんな中、ある合同セミナーで出会ったのが岡部。正直、それまで岡部という会社のことはまったく知らなかったのですが、阪神淡路大震災を例にした「ベースパック」の説明を聞き、社会の安心・安全に貢献する製品を提供しているメーカーとして俄然興味がわいたのです。この会社なら他にもきっと価値ある製品をつくっているに違いないと思いました。理系なのに営業職を志望したのは、いろんな人と接することが好きだったからです。一日中デスクワークをするのは自分に向いていないのではという思いもありました。

  • 電話している写真
  • パソコンで資料を作っている写真

大切なのは日々学んでいく姿勢

入社以来担当しているのが、建設現場で必要となる資材の販売です。直接のお客さまは建設現場を管理しているゼネコンの社員。飛び込み営業でお客さまを開拓し、その社員が別の現場へ移っても発注してくれるようになれば、リピーターになったことになります。資材の種類は何千にも及びますから、最初の頃はお客様から注文を受けても何を示しているのか、さっぱりでした。聞き返してはお客さまに「営業なのにそんなことも知らないのか」と叱られたものでした。でも、そんなことを繰り返していくうちに次第に商品知識も増えていきます。いつしかお客さまの注文にも的確に応えられるようになりました。少しずつではあるものの、そうした成長を実感できることが、この仕事の喜びです。

  • 立ち話している写真
  • お客様に電話している写真

目標とする先輩に追いつきたい

岡部という会社の魅力は、人間関係のよさにもあります。お客さまに注文された内容がわからない時は、会社に帰って職場の皆さんに教えてもらいました。周囲の先輩、上司、時には後輩にも気軽に聞ける環境は、とてもありがたいものです。また、必要に応じて上司も営業に同行し、私を支えてくれました。こうした周囲の期待に応えるためにも、営業としての一番の使命である売上予算の達成には全力で取り組んでいます。それは日々の細かな努力の積み重ねが必要です。そして専門知識に磨きをかけ、お客さまに対して提案営業ができるような社員になっていくことが将来の目標です。周囲には目標とする先輩もいて、早くその先輩に追いつきたいと思っています。

インタビュー写真

PAGE TOP