• 岡部を知る
    Company

  • 岡部の人と仕事
    Person / Work

  • 岡部の挑戦
    Challenge

  • 採用情報
    Recruit

ENTRY

礎を築く国際

岡部の世界展開を 加速する人材として 活躍できる 存在であり続けたい 岡部の世界展開を 加速する人材として 活躍できる 存在であり続けたい

髙橋 司国際

Water Gremlin Company/
2010年入社/
法学部卒

高校時代に法律に興味を抱いて大学では法学部に進学しました。大学時代の学びや就職活動を通して、具体的にモノを生産するメーカーに魅力を感じました。そして、岡部と出会ったのでした。

国内外で活躍できる
チャンスがある

もともと、目に見えるカタチでモノを生み出していくメーカーに興味があったのですが、合同企業説明会で岡部と出会いました。100年近い歴史があり、その歴史はチャレンジの連続で、そうした果敢な姿勢こそが今の会社を作り上げていることを知りました。また、このような歴史のある企業である一方、社員一人ひとりに求められる仕事の幅が広く、さまざまなことにチャレンジできるというのも魅力でした。そして、グローバル展開をしており、将来国内外で活躍できるチャンスがあるというのも、入社動機になりました。
その希望どおり、現在はアメリカのミネソタ州にある、バッテリー端子の製造販売を行うWater Gremlin Companyにおいて、親会社である岡部とのさまざまな調整業務やWater Gremlin Companyの業務改善プロジェクト等にあたっています。この経験は、今後仕事をしていくうえで非常に貴重な経験になると思います。特に外からみた岡部を実際に感じられることや海外拠点のあり方を俯瞰して検討できることは、非常に大きいメリットだと感じます。

相手の立場や考え方を
理解することから始める

具体的には、調整業務のほかに、申請書類等の作成やWater Gremlin Companyの現状分析と改善案の立案、プロジェクト業務の遂行などに携わっていますが、ルーティンワークが少なく、基本的にそれぞれがボリュームのある重要な業務なので、スケジュールや完成期日を意識しながら、業務に取り組んでいます。その中で特に意識しているのは、Water Gremlin Company自体の成長に寄与するという部分と、岡部とWater Gremlin Companyの連携に寄与するという部分の双方を、バランス良く実施するという点です。ただ、日本国内でも考え方、生活様式などが地域や習慣によって異なるように、国が違えば、より大きな差異があります。
現地の立場や考え方を理解するところからはじめることをモットーに、調整を続けていますが、言語の違いもあり、正確に意図を伝えることは難しく、もどかしい思いをすることも多々あります。しかし、辛抱強く対話を繰り返し、最後に相手と分かりあえた瞬間は、プロセスが大変なほど、格別なものです。

世界戦略の一端を
担う存在として

入社時からいつかは海外赴任もしてみたいという思いはあったのですが、最初にWater Gremlin Companyへの駐在を聞かされたときは大きな驚きがありました。その瞬間は、時間が経過した現在も鮮明に覚えています。しかし今、本当に有意義な経験ができていると感じ、また感謝もしています。
海外での経験から、岡部グループの世界戦略を考えたときに、Water Gremlin Companyの自動車関連製品事業というのは非常に大きな存在であると思います。もちろん、将来的にも岡部の中心となるのは、国内建設業界であることは揺るぎないでしょう。しかし、岡部グループが世界のマーケットを視野にさらなる成長を目指すなかで、Water Gremlin Companyがその一端を担っていく存在だと確信しています。岡部が200年企業、300年企業であり続けるためには、世界展開の加速も不可避であると考えます。そのような状況になったときに、私自身、国内外で活躍できる人材としてありたいと強く考えています。

ある1日のスケジュール

  • 8:00

    出 社

    メールチェック、日本からの問い合わせに対応。時差があるためこの時間に行います。

  • 10:00

    生産会議

    機械の稼働状況や問題点などの共有、工場内の現況確認などが議題になります。

  • 12:00

    昼食

    気分転換のため、会社近くの中華、ファストフード、メキシカンなどをローテーションしています。

  • 13:00

    打ち合わせ

    プロジェクトにおける工場改善、業務効率化、新規事業、訴訟関連などについて情報共有を図ります。

  • 15:00

    事務作業

    プロジェクト資料の作成などを行います。

  • 17:00

    退 社

    ミネソタ州は豊かな自然と美しい街並みが共存する街。現地の社員にいろいろ教えてもらいながら、退社後にも散策などしています。

仕事への思い

自動車産業は成長を続けており、今後もその成長は続くと考えられます。このような状況の中、Water Gremlin Companyは、自動車用バッテリー端子などを製造しており、世界各国へ販売しています。バッテリー端子自体は目立たない存在ではありますが、なくてはならない存在。私自身、Water Gremlin Companyの安定的な成長に少しでも寄与することは、岡部の世界戦略の具現化につながると信じています。

岡部の人と仕事

教育・研修制度