• 岡部を知る
    Company

  • 岡部の人と仕事
    Person / Work

  • 岡部の挑戦
    Challenge

  • 採用情報
    Recruit

ENTRY

礎を築く事務(一般職)

仕事と育児が心地良く両立できる環境こそ働く原動力になる 仕事と育児が心地良く両立できる環境こそ働く原動力になる

髙野 喜枝事務(一般職)

土木事業部 管理部 東部業務課/
2008年入社/
外国語学部 外国語学科卒

大学時代にアルバイトで家庭教師をしていて、その生徒が志望校に合格したときに達成感がありました。社会人になってもそんな仕事に携わりたい。その思いは今、日々携わっている社員の皆さんを支えるという仕事で実現しています。

100年続く企業という
信頼感が入社の決め手

就職活動の時期になって、自分にはどんな仕事が向いているのだろうと真剣に考えました。自分がいちばん力を発揮できる企業とは?そんな自問自答のなかで、「縁の下の力持ち」という言葉が浮かんだのです。表舞台ではなく、裏側で支える仕事。そして、事務職希望で就職活動を行い、岡部と出会いました。岡部の企業研究をすればするほど、魅力を感じていきました。たとえば業界内でのブランド力、そして何よりお客さまに支持され続けたからこそ100年も続いているという信頼感。目立たないけれど、しっかりとした基盤がある。ここには、私のイメージにフィットする環境があると感じました。
入社後、事務職として経理などの業務を経験し、現在は承認願書やミルシートなどの作成に携わりながら、営業の方々のサポートを行っています。承認願書やミルシートは、製品の規格やサイズなどが記された書類で、工事現場でそれらの書類を確認してから、実際に工事が始まります。工事になくてならない重要な書類でもあるのです。

周囲の社員の方々の
理解とサポートが力に

私が取り扱うさまざまな書類には正確性が求められる一方、時には工事着手まで差し迫ったケースなどがあり、スピードが要求されることもあります。それでもなんとか書類を届けることができて、その後、営業担当の方やお客さまから「ありがとう」「助かった」など、感謝の言葉をいただいたときは、ほんとうにうれしい瞬間です。目立たないけれど、裏方として、縁の下の力持ちとして貢献できたことが実感できます。
じつは私は現在育児のため、短時間勤務制度を利用しています。突発的な業務が舞い込むと、勤務時間内に書類の提出が間に合わないこともあり、周囲の皆さんの協力なくしては、私の業務は語ることができません。忙しいときも親切に質問に答えてくれる上司や先輩の方々、そして同僚のサポートには心から感謝しています。だからこそ、少しでも手がすいたときなどには、自ら率先して周囲をサポートするよう心がけています。

派手ではないけど、確かに
岡部を支えている実感

たとえば子どもを預けている保育園から、子どもが熱を出したという連絡があって、早退したこともあります。翌日、出社すると「大丈夫だった?」と皆さんから声をかけていただきました。仕事と育児が両立できる会社であることを日々実感できます。私の子どものことまで気にかけてくれる優しい皆さんのなかで仕事ができることも、岡部の魅力なのです。本当に居心地が良くて働きやすい環境だと思います。
これまで培ってきたノウハウやスキルを活かして、これからも営業の方やお客さまなど、周囲の皆さんをサポートしていきたいというのが、私の思いです。それが、営業の方の活躍やお客さまの事業の発展につながり、そして社会貢献に結びつくことが理想ですね。私自身の日々の業務は地味だけれども、確かに岡部の企業活動を支えているという誇りもあります。仕事と育児を両立しながら、これからも縁の下の力持ちであり続けることで、充実した人生を歩んでいくことができると考えています。

ある1日のスケジュール

  • 9:15

    出 社

    子どもを保育園に送り届けてから出社。メールチェック、依頼された書類などの確認をします。

  • 9:30

    社内作業

    承認願書、ミルシートの作成を行います。仕入れ先に依頼すべきこともあり、業務の優先順位も重要なポイントです。

  • 12:00

    ランチ

    社食で昼食。特にラーメンはおいしくてオススメです。

  • 14:00

    社内作業

    午前に引き続き、書類の作成を行います。

  • 16:15

    退 社

    子どものお迎えに保育園に向かいます。

仕事への思い

公私混同を避けるために、たとえばデスクに子どもの写真を置かないなど、仕事とプライベートを分けるよう心がけています。それが、私のポリシーでもあります。時短勤務はもちろん、周囲の皆さんの温かいサポートに感謝しながらも、甘えてばかりではいけないと自分を律しています。逆に言えば、オフの日は仕事のことは考えません(笑)。だからこそ、仕事と家庭、育児の両立がはかれ、岡部は私にとって人生の大切な居場所になっているのです。

岡部の人と仕事

教育・研修制度