岡部株式会社

土木事業部

Q&A

3.ロックボルト用受圧板関連

クロスブリッジの特長は?
受圧板関連のため、逆巻き施工が可能で安全性・工期面にも優位です。
全面緑化が可能なトラス筋を組み込んだ形状で、景観性も優位です。
また、軽量(20kg/基)のため人力運搬・設置も可能となり施工性も向上します。
のり面工の低減係数はいくつですか?
のり面工タイプと低減係数μの目安は下表のとおりです。
(切土補強土工法設計・施工要領H19.1 NEXCO P.50 一部抜粋)
受圧板関連のタイプの項目がないため、のり枠工の低減係数を参照し、下限値の0.7を推奨しております。
のり面保護工タイプ 低減係数 備 考
μ
植生工のり面 0  
コンクリート吹付工 0.2~0.6  
のり枠工 0.7~1.0  
擁壁類 1.0 連続した板タイプのり面工