岡部株式会社

土木事業部

製品・工法案内

ウォールストーン工法

ウォールストーン工法は、コンクリート構造物に石積模様をつけ、自然環境との調和を図ることができる工法とし て各方面で採用されています。本工法は、風到地区、歴史的風土保存区域、自然公園区域、文化財保護地域、砂防指定地、緑地保存地区および保安指定地の傾面 防災工事等のコンクリート構造物に最適な工法です。

カタログダウンロード

用途

  • 1. 砂防ダム
  • 2. 急傾斜地対策擁壁工事
  • 3. トンネルのエントランス部分工事
  • 4. 護岸工事
  • 5. 道路改良工事
  • 6. 宅地造成擁壁工事

特長

  • 1.ウォールストーンは1回使用タイプの型枠です。
  • 2.素材に特殊スチロールを使用しているため、弾性に富み、剥離性が優れています。そのため、コンクリート表面が美しく仕上がり、型枠の継ぎ目は気になりません。
  • 3.コンクリート表面が温か味の有る自然石模様のため、自然環境によく調和し、且つ光や熱を乱反射し、従来の型枠コンクリート表面の違和感がありません。
  • 4.在来型枠工法で石の持つ自然の模様が表現出来ます。

施工手順

↓
型枠の取付
↓
コンクリートの打設
↓
締固め
↓
脱型
↓
完成