岡部株式会社

土木事業部

製品・工法案内

OSDPロックボルト工法 ~自穿孔式ロックボルト~

OSDPロックボルトは、削孔に使用するロッドを 「注入パイプ」および「ロックボルト材」とする自穿孔式ロックボルトです。

カタログダウンロード

用途

のり面、トンネル、各種構造物の基礎補強、地山補強土工法(SW工法・TOP工法)ダム余水吐、擁壁補強等

特長

  • 1.作業性がよい自穿孔式
    削孔ロッドがそのままロックボルトに。
    ロッド回収とロックボルト挿入の手間が省けます。
  • 2.全ネジボルトで簡単にネジ着脱
    全長にわたりネジにしたため、グラウト時の付着性能が高まったほか、ロープネジであるためネジの着脱も簡単になりました。
  • 3.ボルトの長さも自由に選択
    カップラーを使って、任意の長さのロックボルトを選択できます。
  • 4.広い使用範囲
    砂質土・粘性土、礫質土から軟岩までほとんどの地山に使用可能。
    またセメントペースト、ウレタン樹脂まで注入定着材を問いません。

作業手順

仕様

  • OSDPメッキボルト標準施工図例
  • OSDPメッキボルト部品図例
名称 ネジ径(外径)
(mm)
中空径
(mm)
断面積
(㎟)
降伏荷重
(kN)
引張荷重
(kN)
単位質量
(kg/m)
材質
OSDPロッド ロープネジ
28.5
13 435 196 以上 245 以上 3.4 S45C相当
OSDPメッキロッド 3.5

長期許容荷重は、降伏荷重× 2/3 の129kN を目安としてください。