岡部株式会社

土木事業部

製品・工法案内

クロスブリッジ ~ロックボルト用受圧板~

クロスブリッジは、ロックボルトと一体化して補強効果を発揮し、のり面全体の安定性を高める補強土工法に用いられる受圧板です。

カタログダウンロード

特長

  • 1.全面緑化
    全面緑化が可能な形状になっています。また、根茎がトラス筋に絡み付くことにより地山と一体化し、のり表面の強固な安定が期待できます。
  • 2.良好な施工性
    製品質量が20kgのため人力施工が可能です。
    また、持ちやすい形状のため安全・容易に設置することができます。
  • 3.工期面で有利
    工場生産品であるため現場作業は、運搬・設置だけでよく、特に逆巻き施工において工期面での短縮効果が期待できます。
  • 4.角度補正
    のり面に対し、±10度の範囲内で角度補正が可能です。

サイズ

寸 法(mm) 質 量(kg)
A B C D
1134 94 520 138.5 20

緑化性能

施工直後 2ヶ月後
   
掘り起こし状況 根茎活着状況

多面的開口部を有するトラス構造を用いることで、客土が分断されず根茎が連続的に活着でき、周辺地盤との一体化が期待できます。